• HOME
  • 任意売却という方法

任意売却という方法

任意売却とは

任意売却とは

銀行は、住宅ローンの支払いが滞ると、ローンの残高が自宅の買取価格を超えている場合、自宅を競売という手続きで強制的に売却してしまいます。
競売で売却される物件は、通常の不動産価格よりも安く売買されることが多く、多額のローンが残ってしまう原因となります。
任意売却とは、銀行などの金融機関と交渉をすることで、自宅を通常の不動産売却と同じ流れで取引をすることを可能にし、売却価格を最大限高められる方法です。
結果、残金を無理のない返済計画の中で、少額ずつ返済していくことが可能です。

任意売却+リースバック

任意売却+リースバック

もちろん、任意売却の場合でも、リースバックを組み合わせることが可能です!
買主である弊社が金融機関と交渉し、無事交渉成立となれば、弊社がローン代金を一部決済することで、抵当権を抹消できます。
ご自宅の所有者は変わりますが、ご近所の方に気付かれることなく、そのままお住みいただけます。
金融機関等の債権者への返済額と、弊社への家賃支払い額がかかりますが、当初のローン返済額よりも支払いを減らすことができる場合があります。

競売のデメリット

競売 比較項目 任意売却

買主はローンが利用できず、占有者などの専門不動産業者でないと対処できない問題があることも多いため、一般的に通常の不動産価格よりもかなり安く落札されることが多い。

価格

通常の不動産流通の流れにのって売却できるため、買主はローンを利用した一般消費者も候補にあがる。相場価格で売却することが可能。

競売後の安い落札価格により、多く残った残債分を、強硬に支払いを求められる場合がある。

残債

債権者との話し合いが成立した上での任意売却のため、残債の支払いは計画通り、無理のない額での支払いにすることが可能。

落札後は早々に立ち退きを求められる。話し合いはできないことが多く、居続けると執行官や警察官も含めて対応され、強制的に立ち退かされる。

明け渡し

債権者との話し合いの上での任意売却のため、明け渡し時期についても話し合いが可能。

競売物件として、様々な場所に情報が掲載されます。内部の写真なども掲載され、それらの情報を元に不動産業者などが近所の方に色々なことを聞いて回ったりします。

ご近所の方に

弊社が買主の任意売却なら、ご近所の方に気付かれずに売却することが可能です。

引越し費用の請求は基本的にできません。

引越し費用

債権者との話し合いの中で、引っ越し代等の配分が望めます。債権者も、債務者に新生活を無事に始めてもらうことで、残代金の返済を円滑にしてもらう必要があるためです。弊社が買主のリースバックになれば、そのまま住み続けられるため引っ越し代はそもそも一切かかりません!

最短3週間で一括支払いも可能!自宅を売却してもそのまま住み続けられます

まずはお気軽にご相談ください。

営業時間:9:00~19:00定休日:隔週火曜、毎週水曜

WEBからのお問い合わせ

お客様について

お名前
お住まいのご住所
お電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

住宅について

種別
所在地の住所
建物面積
土地面積
築年数
間取り
その他備考

※弊社では個人情報の適正な取り扱いと保護・管理に勤めております。
詳細は個人情報保護方針をご確認ください。